女性ひとり旅にオススメ!
イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

アレッツォ駅から車で20分程のロケーションにあるプチホームステイ

日本でいう二世帯住宅の2階にあり、簡易キッチンがお部屋にあります。希望される方には夕食も用意してくれます。1階の母屋でイタリア人ご夫婦と一緒にする食事は、まるでイタリアで暮らしているような体験ができます。イタリアの家庭料理が味わえる・・・・ホームステイでもなければホテルでもない滞在スタイル。 会話は、イタリア語のみ。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

オーナーはどんな方?どんなプチホームステイ?

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

向かって右にある階段を上がると自分だけのキッチン付きのお部屋になります。  朝食・夕食を家族と一緒に召し上がる際は、1階のリビングで一緒に食事を楽しみます。 トスカーナの家庭料理が味わえるなんて・・・めったにないチャンスです! せっかくなので、イタリア家庭料理を習ってみてはいかがでしょうか。

※トスカーナの家庭料理の夕食や料理レッスンは事前予約が必要です。
受け入れは1~2名。チェックイン・アウトの際はオーナーがアレッツォ駅に送迎をしてくれます。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

部屋は2階部分、間取りは1DK、バスルームはお客様専用になります。専用バスルーム(ドライヤーはあります)とキッチン付。 アレッツォ駅へは滞在先のすぐそばにバス停があるのでとっても便利。

【アメニティ】

バスタオル・シャンプー・リンス・石鹸はあります。

【ランチ&ディナー】

近くにはレストラン・スーパー・ピッツェリアなどはありません。アレッツォ駅前のスーパー又は事前に購入となります。

アレッツォってどんな町?・・・

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

映画「ライフ イズ ビューティフル」の撮影舞台となった町『アレッツォ』 街のあちこちに撮影現場となった場所がパネルにして残されています。 アレッツォ駅からも徒歩で散策ができます。 アレッツォの町はとっても可愛らしい街ですので特に女性には人気。毎月1回イタリア最大の骨董市が開催されるのもアレッツォです。 そんなトスカーナ・アレッツォの町で二世帯住宅のようなお宅にショートステイしながらイタリア生活をエンジョイしませんか? アレッツオからは日帰りで、コルトーナへ行くこともできます。 アレッツォでは違ったイタリアを楽しむことができます。

アレッツォはとても可愛らしい街

緩やかな傾斜があるメイン通りを散策しながらグランデ広場を目指して歩きます・・・・ メイン通りの両サイドにはファッション、バール、老舗のお菓子屋さん・・・・どのお店にも入ってみたくなるようなお店がズラリ。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

イタリア有名ブランド店だけでなく、イタリアらしいデザインの靴やワイシャツのお店など専門店もあります。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

アレッツォにあるウェディングドレス専門店。イタリアはレンタルではなく購入するのが一般的。
ウェディング予定の方は、こちらでメイド in イータリーのウェディングドレスをご覧になってみてはいかがでしょうか。
お気に入りのドレスが見つかるかもしれません。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

伝統お菓子の老舗ステファーノはアレッツォ伝統のお菓子たちが美味しそうに並んでいます。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

メイン通りの途中に左右広がる小路には穴場のお店など・・・・見逃せません。
こちらは落ち着いたワインバー。カフェとしてもご利用できます。昼間から大勢のお客さんで賑わっています。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

小さなレストラン。ひとりでもリーズナブルな量でいただくことができます。 トスカーナでよく食べる太麺ピッチのパスタ。ウサギ肉のラグー(ミトソース)

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

イタリアで最も美しい広場の1つ、アレッツォ グランデ広場

ちょっと傾斜がある広場はピエーヴェ、ディ・サンタマリア教会、元裁判所宮殿、フラテルニタ・ディ・ライチ宮殿、回廊、小さなお土産店に囲まれています。 毎月第1土・日曜日に、ここアレッツォ グランデ広場でイタリア再大、ヨーロッパでは3番目に大きい骨董市が開催されています。骨董の露店が所狭し立ち並び、古物商のバイヤーや収集家、骨董好きな観光客がこの日に合わせて世界中から訪れています。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

グランデ広場前にあるテラコッタ専門店。トスカーナはテラコッタが有名です。
面白くユニークなデザインのテラコッタはとってもリーズナブルな金額。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

アレッツォは有名なイタリア映画「Life is Beautiful」の撮影舞台の街。 街の至るところに撮影された場所に撮影シーンが掲げられています。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

アレッツォ大聖堂

アレッツォの高台にある16世紀初期に完成したゴシック様式の建物。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

アレッツォ大聖堂の中に入ると、正面の白い祭壇と鮮やかなステンドグラス。
アーチ状の天井に描かれているフレスコ画、素晴らしいパイプオルガン。祭壇左にある13世紀には、旅行中にアレッツオで亡くなったローマ法王グレゴリオ10世の棺やガラス、床下には当時のアレッツォ司教の棺がご覧いただけます。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅
女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

サンフランチェスコ教会

ピエロ・デッラ・フランチェスカのフレスコ画「聖十字架伝説」で有名なサンフランチェスコ教会。
サンフランチェスコ前にはサンフランチェスコ広場をはじめ、グランデ広場あたりなど街のあつこちで、1998年にアカデミー主演男優賞、外国語映画賞を受賞したロベルト・ベニーニ監督の「ライフ・イズ・ビューティフル」が撮影されました。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

サンフランチェスコ広場にある1804年創業の老舗カフェ「カフェ・ディ・コスタンティ」

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

「羊飼いの農場」で自然と自家製チーズの試食!

アレッツォ駅から約1時間強列車移動すると・・・こんな素敵なイタリアの農場があります。 賢い牧羊犬が羊を追いかける・・・私の第2の故郷ニュージーランドになんとなく似ていますが、自家製チーズがここで食べることができる! 日本でもなかなか体験できないことが、ここイタリア・トスカーナで体験することができるんです!

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

広大な牧場には、羊・ヤギ・キアナ牛などの動物たちが放牧されています。 そんな自然豊かな環境の中で育つ動物たちを賢い牧羊犬が厳しい目で見守っています。 ここの農業会社は、キアナ牛(食肉用)も飼っています 子牛が生まれると、大自然の中、一緒に放牧!

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

先代から引き継いだ伝統チーズ造りを見学 ラビジョーロ、ペコリーノ、リコッタチーズの3種があります。
生乳でできた熟成方法、熟成期間の違3種のペコリーノチーズ (※季節や時期によって、種類数が変わります)

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

ここでのランチはボーリュームたっぷり!というものではなく、自家製のものを上手に盛り付けした生産物ランチを用意してくれます。
たとえば、今回のランチメニューは・・・
農家産生ハム、農家産の白インゲン豆のブルスケッタ、イチジクとくるみ ラビジョーロチーズ、出来立てあったかリコッタチーズ ペコリーノチーズ2種(オリーブ油粕熟成、ソフトタイプ) カプリーノ(ヤギのチーズ) ソースは、手作りのイチジクジャムと赤パプリカジャム、 トスカーナパン、赤ワイン、お水、コーヒー。
イタリア旅行で農家に訪問・農家自家製のものを食べる!
こんな体験こそ忘れることができない旅になることでしょう~。

8:50頃 アレッツォ駅集合 (日本人アシストと列車移動)
10:00 現地到着&農場訪問(ペコリーノチーズ造り見学と飼育動物見学)
13:00 農家生産物の試食のランチ(軽食)
15:00 アレッツォ解散

300年伝統農家

一里離れた標高850mのところに住むカルビ一家(300年農家)
ここは80%自給自足の農家。 家畜、野菜、穀物類など3世帯家族が代々伝統を受け継がれ今でも農家を切り盛りしています。 そんな伝統農家に訪れ、季節の農作業を体験し農家の家族と一緒にランチをする!そんな貴重な体験してみませんが。 日本でもこんな体験なかなかできないことと思いますが、イタリアでも簡単に訪問できるわけではありません。

ここ300年伝統農家にのびのびと暮らす動物たち。まずは・・・ニワトリにカモ、アヒル

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!
城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

産まれたばかりの子ヤギ・農家の山でのんびり暮らす羊たち

マレンマ牛(毛はグレーで、角が特徴)  トスカーナ地方の海沿い原産のマレンマ牛は絶滅危惧され、国から補助金が出始めたそう。 (そんなに、たくさんの補助金ではないですが。) 農家では、キアナ牛の種牛が居ますから、キアナとマレンマの掛け合わせの子牛です、色はすっかりキアナの子牛のようです。

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

農家の自慢の料理を堪能

薪ストーブと石窯調理で行った料理の数々
手打ちパスタと野生のウサギ肉や牛肉を混ぜたミートソース、農家の自慢のトマトソース、2種類のソースで頂くパスタとマルゲリータとジャンル―カが仕込んだ生ハム

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

メインは鴨とうさぎ肉の石窯ロースト いつもながらの絶品!お肉の品質がいいし、石窯でゆっくり調理!最後はドルチェ(デザート)

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

農家の家族と一緒にランチ。また、帰ってきたくなる暖かい農家家族です。

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

「レダのオリーブ搾油所」訪問と料理レッスン!

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅
女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

アレッツォからバスでアンギアーリという城壁の町へ移動します。
中世の面影が今でもしっかり残っているアンギアーリは、1440年のフィレンツェとミラノの戦いの舞台。 レオナルド・ダヴィンチが請け負った、1503年フィレンツェヴェッキオ宮の500人の大広間の壁画「アンギアーリの戦い」は下書きで未完のままに終わりました。
今でもジョルジョヴァザーリが描いた壁画の下に眠っていると言われるもの。 ヴァザーリの絵をとって、ダヴィンチ絵画を掘り起こす話があるとか。

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

アンギアーリの町の小さな路地を散策すると、この地域特産の食材のお店やオリーブショップにリネンのお店。
そして!ここから見渡せる景色は広大な平野が広がっています。 散策のあとは、オリーブ搾油所へ訪問 レダの息子マルコとアレッサンドロは、いつも元気いっぱい!

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅

初搾りのオイルが出てきました!なんともフレッシュな色!
収穫は10月末から11月にかけてですが、その年の気候によって前後しますので 搾油のシーズンに訪問ご希望の方は、8月末~9月初旬におおよその収穫及び搾油の時期が確認できます。
収穫時期以外は、オリーブオイルの見分け方ミニレッスンやオイルと小麦粉製品の試食が楽しめます。

今年のオリーブ、昨年の冬の寒さの影響で実のつきがいまひとつの場所が多いとか。。 オリーブは、冬の間も葉っぱの色を変えずに緑色。 冬に葉っぱの色を変える木は、寒さに強いそう。 オリーブのように、冬も、葉っぱが緑色のままの木は、寒さに弱いとか。。 冬も緑の葉っぱを持つ木でもトゲトゲ系(松や杉)、これは強いそう。
さて、新発掘の楽しい体験のお知らせです! こちらアンギアーリにある現代的な搾油所

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

搾油所内の様子、オリーブ収穫(ここの搾油所は10月後半から稼動予定)時期に備え すっかり掃除も終えて、きれいで清潔な匂いがしていました。

最近イタリアで活発な動き、それは、fattoria didattica(農園での課外学習) ここの搾油所でも、学校やプライベートの子供たちを、沢山受け入れています よって子供用の説明書きが、所々に見られます (オリーブが、自分を洗っている、かわいい絵!)

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

メガネをかけた彼女が、搾油所の娘のレダ、隣はお母さんのリリアーナ 子供はジュセッペ君、お菓子レッスンにやってきた生徒さんです 搾油所は家族経営、レダのお父さんとレダのご主人、レダお母さんで切り盛りしています。

レダは、とっても子供好き! それを何かの仕事にしたいとおもって始めたのが、子供のための料理レッスンでした。 搾油所の中にレッスン用のキッチンを併設し、そこで子供や大人に料理やお菓子作りを教えています

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

ここでは、パンレッスンもやっています。 酵母は、彼女が育てている自然酵母。 小麦粉は、ここの農園で作った小麦粉を石臼で挽いたものを使っています。 あと、グリッシーニなど、小麦粉で作ったカリカリ系も製造販売 オイルは、もちろんこちらの搾油所で製造されたエキストラバージンオリーブオイルを使っています。 自然の味でとても美味しかった!

農業が農業だけでなく、いろんなアイデアと共に、観光業界や学校関係などと結びつくことが普通になってきたのはとても喜ばしい話。

料理レッスンのサンプルメニュー

★使う材料 小麦粉、オリーブオイル、クオリティーの高い、安心素材を使います パン、ピザ、フォカッチャは自家製の自然酵母を使用 ★テーマを決める 小麦粉製品とオリーブオイルのプロですからレッスンはもちろん、それに絡めたレッスン

1日目 タリアテッレ(手打ちパスタ) 天然酵母の自家製小麦粉を使ったパン(食事のときに豚加工品と一緒に頂きます) エキストラバージンオリーブオイルのドルチェ
2日目 ラビオリ(手打ちパスタ) ピッツァ (やはり天然酵母と自家製小麦粉) オリーブオイルのタラッリーニ(輪状の塩系ビスケット)
3日目 ブリンゴリ(でました!アンギアーリのローカル手打ちパスタ!) フォカッチャ(天然酵母と自家製小麦粉とオリーブオイル) ジャム入りビスケット (もちろんオリーブオイルで!)

といった感じで・・・パンのレッスンやピザのリクエストも、よく頂きますので こんな組み合わせでレッスンができるとなかなか楽しいと思います! 3日間通うと小麦粉系が、かなりレベルアップしそうです! しかも、体に優しいものばかり! レダは、小麦製品とオリーブオイルを、産直市で販売しています。 パンもグリッシーニも、とても美味しく小麦粉自体が美味しいので、噛むほどに味があり カリッとした仕上がり、プロの味です。

アンギアリのコースはこちらにも!>>>

8:45 アレッツォ発
9:40 アンギアーリ着 アンギアーリ散策1時間、街を城壁外側から見学後、 城壁の中は自由に散策(見所お知らせと地図配布)
10:30 オリーブオイル搾油所見学へ オリーブオイルの見分け方ミニレッスン!
12:30 オイルと小麦粉製品の試食で軽いランチ
14:00 アンギアーリ発
15:00 アレッツォ着

トスカーナのオーガニックワイナリー訪問&テイスティング!

せっかくイタリアに来たならトスカーナのワイナリー訪問してみませんか。 広大な葡萄畑を実際に見学して、そこでいただくワインは格別なものです!

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

こちらのコースでご案内するワイナリーはオーガニックワイナリー。 1926年創業からブドウ栽培と、高品質のワイン醸造に力を入れている家族経営の農業会社 トスカーナ州アレッツォ北部郊外にあるなだらかな丘、海抜200~500mの2つの丘陵に50haの ブドウ畑を所有。3代にわたってワイン醸造に情熱を注いでいます 全ての畑は、ブドウ栽培に好条件な位置に恵まれ、葡萄の光合成づくりによりよい環境となっています。 その上、風の恩恵を授かり、また粘土質、砂質、砂利質、石が多いなど、ブドウ栽培に重要な要点を備えた土壌となっています。

オーガニック

2002年から自然派オーガニックワインを造っています。 そのとき、全ての化学的なもの、殺虫剤などの使用を止めました。 庭造りも全てナチュラルなもの、そしてオーガニック製品を使用しています オーガニックの原則、環境保護とも融合、節水、節電、再生エネルギー製造、ゴミの排出に注意し、 リサイクルにも勤めています

ワイン製造

サンジョベーゼをはじめ、土着品種に焦点を当て、典型的なキャンティ、キャンティスーペリオーレ、 ヴィンサントを製造。 土着品種だけではなく、いくつかの外来品種もあります。 手摘み収穫後、ブドウの状態のよさを保持しながら、即時にワイン醸造に入ります 2001年に建設されたワイナリー。 現代的スペースでは、温度管理された先端技術を行くステンレスタンクが並び、 他の場所では、伝統的なオーク材大樽を備えています。

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

これは5月頃の葡萄の実です。 葡萄の収穫は8月末~9月中旬頃。4月頃から小さな実がついてきます。

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

ワイナリー敷地内にあるオーナーのお宅。絵になりますね~ ワインのテイステイィングは工場内のお部屋でいただきます。

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

ワイン醸造は、添加剤の助けをなしに行なわれ、ステンレスタンクの温度管理を巧みに操作することに よって行なわれます。 ワインの保存、安定に必要な、硫黄の使用限度に注意を払い、二酸化硫黄(SO2)はオーガニックワインの使用限度よりも低量です。 ヴィンサントは、より厳選した葡萄を使用し、葡萄の水分を4ヶ月蒸発させ、濃縮された甘い果汁をプレス抽出、カラテッロという木の小樽にて5年間熟成させます。

製造ワイン 赤ワイン サンジョベーゼIGT、キャンティDOCG、キャンティスーペリオーレDOCG、スーパータスカンIGT
白ワイン 在来種IGT、シャルドネ100%IGT
ヴィンサント1種  
保有品種 在来種 サンジョベーゼ、カナイオーロ、チリエジョーロ、マルバシアネーラ、マルバシアビアンカデルキャンティ、トレッビアーノトスカーノ、グレケット、サンコロンバーノ
外来種 メルロー、カベルネソーヴィニオン、ピノグリージョ、ピノビアンコ、シャルドネ、トレミネール、マンゾーニ交配種

ワインテイティングタイム!

ワイナリーを見学した後は、テイスティングタイム! どれもこれも特徴を備えたワイン。土着にこだわったワイン、トスカーナの土壌で外来種ワイン どれもおいしいです、生産者のワインにかける情熱が伝わってきます

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

こちらのお部屋でテイスティングを行います。 テイスティングは3種類のワインにここの農業会社で製造されるオリーブオイルをパンにかけたもの のブルスケッタが少々つきます

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

こちらでは自家製の加工品なども販売されています。

城壁に囲まれた街、中世の面影残るアンギアーリの旅!

大自然に囲まれたすばらしい環境。ここだったら、おいしいワインができるのは間違いないと思わせるような環境です。自然の音しか聞こえないブドウ畑がひろがっています。

女性ひとり旅にオススメ!
イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅
3泊4日サンプル日程

1日目 列車でフィレンツェから約1時間・ローマから約1時間30分、アレッツォ駅で下車。
アレッツォ駅で日本人アシストと待ち合わせ、マリオの車にてラファエラ宅へ送迎。
★ オプションにてワイナリー訪問&テイスティング (別料金)
2日目 「羊飼いの農場」 or 「歴史の町アンギアリ&オリーブ見学」 or「300年伝統農家訪問&ランチ」いずれかを選択
(日本人アシスト同行)
3日目 終日:フリー
★ここを拠点に、フィレンツェ、ペルージャ、アッシジ、シエナ、コルトーナ、他小さな町へ・・・・公共の交通機関を使って行くことができます
4日目 朝食後、チェックアウト

女性ひとり旅にオススメ!イタリア・アレッツォで安心宿に泊まって生活に触れる旅3泊4日料金

料金適用期間: 2018年01月10日~2018年09月30日まで 

2名様の場合(2名様は2名様1室) おひとり様 46,500円
1名様の場合 おひとり様 64,800円

3泊4日に含まれるもの

おすすめ追加プラン!<日本人アシスト無し>

  • 『トスカーナ家庭料理レッスン+夕食』
    せっかくイタリアに来たのなら、仲の良いイタリア人夫婦ラファエラさんのイタリア家庭料理のレッスンを受けてみませんか?
    レッスンの様子はこちら>>>
    1回につき: ¥12,000 (レッスン+食事)
    ★ ワイナリー訪問追加オプション:  おひとり様の場合     12,000円(ワイン3種類テイスティング)
                           2名様の場合: おひとり様 8,500円(  ”  )
     * テイスティング4種類・6種類へ追加料金にて可能です。