南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅

南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅基本情報

南イタリアのカラフルな建物が立ち並ぶ漁師の街プロチダ島。
三輪タクシーで島内観光を楽しみプロチダ島ならではの島グルメとアマルフィエリアのラヴェッロに宿泊。
ラヴェッロからの絶景と小さな街と邸宅観光など見どころたっぷり!
レモンの時期にはレモンサラダや魚介のグルメ、そして夏はラヴェッロの野外コンサートなど意外な穴場スポットを巡る南イタリアの旅。

  • 期間:5泊6日
  • 場所:南イタリア・ナポリ・プロチダ島 & アマルフィラヴェッロ

三輪タクシーでプロチダ島ドライブ

ナポリから船で約40分。途中ベスビオ火山を眺めながらゆっくりと船旅を楽しんでいただきプロチダ島に到着。
プロチダ島は小さな島で外周は約16Km、プロチダの人口や約1万人の漁村の街です。
そして・・・あの名作でもある1994年イタリア人俳優マッシモ・トロイージ主演の「イル・ポスティーノ(Il Postino)」の撮影舞台にもなった島。
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅

南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅プロチダ島に到着すると、まずはこの三輪自動車に乗って島内観光へ出発です。
海から吹き込む風を浴びながら島を一通り周り、途中景色の素晴らしい場所や教会、ビーチなど素敵なスポットに立ち寄り約2時間の島観光が堪能いただけます。

なんと!この三輪自動車はプロチダ島でたったの2台しかいないので、必ず事前予約が必要です。
人気な三輪タクシーは早めに予約する必要があります。

島の観光シンボルでもあるサンミケーレ修道院。(見学は午前中のみ)

11世紀はじめに建てられたベネディクト派の礼拝堂
多くの書籍や宝物が残っています。3階建ての海に張り出した修道院で、1階は教会と地下の図書室へとつなぐ階段があり、 図書室と小礼拝堂、人骨の残る昔の市民埋葬場の見学は有料。階段を下りると右が17世紀貴族の装飾など当時のものがご覧いただけます。奥には15世紀から現在に至る8000冊の本をテーマ別に整頓した図書室があります。

床から天井まで素晴らしい修道院内です。 南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
11世紀はじめに建てられたベネディクト派の礼拝堂です。

修道院のテラスからの景色は、テラスから見下ろすと透き通った青い海、絶景の岬まで最高な気分。
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
プロチダ島の絶景スポット・・・コッリチェッラ浜
ここからの景色はプロチダ島一番の景色!コッリチェッラ浜
島の南東からの景色がこの島のシンボルとも言える可愛らしい景色が見渡せる場所です。
イエロー、スカイブルー、ピンクの建物が密集しているこの景色はプロチダ島の観光スポットとなっています。
この絶景はアカデミー賞5部門受賞を果たした映画「イル・ポスティーノ」の撮影で一躍脚光を浴びたプローチダ島のシンボルとも言える現役の漁村です。
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
三輪タクシーの次なるスポットへ・・・・
三輪タクシーだから通れるこんな細い道。
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
今度はビーチスポットです。
プロチダ島は海も美しく、島を囲むようにビーチが広がっています。
北側のビーチには砂浜が並び、東、南側には海岸。北側の海岸は町から離れていることもあって、のんびりと過ごすことができます。
美しい砂浜で5月から10月まで海水浴が楽しめます。
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
ビーチカフェではプロチダ島パニーノの他、プロチダ島特産のレモンで作るグラニータも一押しです。
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
プロチダ島内一周を終えると港に到着です。
港周辺にはカフェ、レストランの他教会やショップがあるので、島歩きをお楽しみ下さい。
勿論!プロチダ島ランチをナポリへ帰る前にご賞味あれ・・・
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅

「世界遺産」ナポリの下町"スパッカナポリ"の街歩き

スパッカナポリは「ナポリを真二つに割った」と言う意味。「ビアジョ・デイ・イブレイ通り」と「トリブナーリ通り」がメイン通りとなり主要な教会がこの通りに集中しています。
そしてナポリらしい光景の1つが頭上に洗濯物がはためく狭い路地を、数人乗りのスクーターが走り抜ける。
そんな下町風情を楽しみながら日本語アシストと街歩きを楽しみます。
歴史ある教会を見学したり、ナポリ伝統のお菓子を召し上がってみてはいかがでしょうか。
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
こちらのお菓子はババ(右画像 下段)
たっぷりのブランデーに漬け込んだナポリ伝統のお菓子の1つです。
その下の赤いキーホルダーは唐辛子ではなく角で厄除けのお守りとして持たれています。
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅

★ 18世紀の王宮 「世界遺産」カゼルタ宮殿

南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
日本映画「アマルフィ」、ハリウッド映画「スター・ウォーズ」でも使用された王宮です。
18世紀当時のナポリ王、ブルボン家のカルロ3世がベルサイユを凌ぐ宮殿をめざしてカゼルタに建設した王宮は、劇場、礼拝堂、博物館、1200もの部屋がある巨大で壮麗な建物。また120ヘクタールの庭園は、中央をまっすぐに走る3kmの道、滝、ギリシャ神話の彫刻噴水群を配し、周囲の森林とあいまって華麗で洗練された芸術作品です。

建築家ヴァンヴィテッリは庭園の水を供給するため、古代ローマ風の美しい水道橋も建設しました。
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅

南イタリア・ラヴェッロ滞在でアマルフィを楽しむ

南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
ラヴェッロのお泊りは傾斜に佇む4つ★ホテル。 ホテルエントランスまでレモンのプランターがお迎えしてくれます。
イタリアのレモンの季節は日本と逆で5月〜10月になります。 7月はこのように黄色ついたレモンの姿がご覧いただけます。(日本は冬に収穫)
ここからの絶景も素晴らしく、プールサイドからのパノラマはミノーリの街をご覧いただけます。 真っ青なアマルフィの海・・・・・美味しい空気に絶景。最高の休日です。
朝食はこじんまりとしていますがアマルフィ名物のお菓子をいただくことができます。
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
パンの種類というよりもデザートパンが多いイタリアの朝食。 朝にたっぷりのシュガーいわゆるガソリンのようなもので エネルギーを蓄えます。
上右画像のお菓子はこの地域で有名な伝統菓子 スフォリアテッラ。 サクサクとしたパイ生地の中にリコッタチーズが入ったデザート。 元々はアマルフィの修道女が余った材料を焼いて作ったもの スフォリアテッラの名前の由来は見た目通り「ひだを何枚も重ねた」という意味。

南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
お部屋は白の明るいお部屋。 多くはシャワーオンリーとなります。 ホテルからラヴェッロの中心街へ行くには上り坂を歩いていきます。
その途中にこのようなイラストが描かれた塀があります。 これはラヴェッロで7〜8月に開催される夏の野外コンサートの様子が描かれています。

南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
こちらがラヴェッロの中心の広場です。 ヴィラがあり大聖堂があり、夕方はアペリティーボで賑わっています。 南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
こちらのラヴェッロ広場横にはヴィラ ルーフォロを観光することができます。(要入場料)
● ヴィッラ・ルーフォロは、1280年にラヴェッロの富豪ルーフォロが、アラブ・ノルマン・ シチリア様式で建設した邸宅。
その後英国など多くの所有者を経て、スコットランド人の ネヴィル・レイドが大規模な整備、修復を行ない現在の優雅な佇まいへと復元しました。
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅

毎年7月〜8月 敷地内に仮設ステージが設けられ ワーグナーの野外コンサートが開催 されます。
夜20時から開催。南イタリアの夏の20時はまだ明るく、コンサートが始まりだんだんと暗くなっていきます。
リヒャルト・ワーグナーは、1880年5月にラヴェッロを訪れ、ヴィッラ・ルーフォロの庭園で、彼自身の最後のオペラ「パルジファル第2幕」が思いついた場所といわれています。

なんとも素晴らしいコンサートですので、ラヴェッロ野外コンサートに合わせてスケジュールを組んでみてはいかがでしょうか。
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
 ★ 2017年のワーグナー野外コンサートのスケジュールは5月頃に確定されます。 コンサート開催日はホテル代がUPします。
    また、すぐに満室となりますので早めのご予約をお薦め致します。

ヴィラ ルーフォロの建物に入るとすぐにこのようなアーチがみえてきます。
19世紀のムーア様式の回廊(Chiostro Moresco)で、尖頭アーチと、2列の柱列が支えるアラビア風のモチーフのアーチ、一番下にある画像は小さなねじり円柱の装飾アーチが3階層になった構造は建築的に大変貴重なものです。 南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
ラヴェッロの観光の見どころの1つである「無限のテラス」 この無限のテラスまではこのような狭い路地をしばらく歩きます。 南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
この案内板にはどちらも無限のテラスへの矢印がありますが、どちらからも行くことができます。 どちらかというと向かって右側は少し遠回りの道のりなので時間がない方は左をお選び下さい。

南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅

無限のテラス

南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
意外なスポット"ラヴェッロ"
南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅

見逃せない!アマルフィやポジターノ・ラヴェッロ観光

アグリからミノーリの街まで下ると、アマルフィ方面へは公共のバスで移動できます。
(世界遺産)のアマルフィには足を運んでみてはいかがでしょうか。
(アグリからアマルフィへタクシー利用される場合は約25ユーロ・2012年10月時点) 南イタリア プロチダ島&アマルフィエリア ラヴェッロ 絶景の旅
アマルフィ・ポジターノでは海を眺めながら有名なライスコロッケやシーフードのグルメを満喫されてはいかがでしょうか。

大人の南イタリアゆったり紀行 5泊6日

1日目 ナポリ空港到着後、専用車にてホテルへ送迎。(日本語アシストは同行致しません)
<ナポリ 泊>
2日目 日本語アシストとお車にてナポリ港へ(日本語アシスト7時間)
フェリーにてプロチダ島
三輪タクシーにてプロチダ島内観光(2時間)
プロチダ島内レストランにてランチ
フェリーにてナポリへ
ナポリ港到着後、「世界遺産」ナポリの下町“スパッカナポリ”へご案内
スパッカナポリを散策後ホテルへ。
<ナポリ 泊>
3日目 日本語アシストとお車にてカゼルタ宮殿へ(約1時間)
「世界遺産」18世紀の王宮カゼルタ宮殿と庭園観光
ランチはナポリ名物ピッツァ

昼食後、日本語アシストと解散(日本語アシスト4時間)
お車にてラヴェッロへ
<ラヴェッロ 泊>
4日目 終日: フリー
ご自身にてラヴェッロ、アマルフィ、ポジターノ観光をお楽しみ下さい。
<ラヴェッロ 泊>
5日目 終日: フリー
<ラヴェッロ 泊>
6日目 専用車にてナポリ空港へ送迎。(ドライバーのみ)

 料金 2017年03月01日〜2017年6月25日<5泊6日>

2名様の場合 おひとり様 192,000円
4名様の場合 おひとり様 159,000円

 5泊6日に含まれるもの  * 航空券代金は含まれておりませんが、ご依頼の際はお気軽にご相談下さい

4つ星ホテル ナポリ3泊 & ラヴェッロ2泊
食事 朝食×5回・ランチ×1回・ディナー×0回
専用車 ナポリ空港/ナポリ市内ホテル & ナポリ市内ホテル/ラヴェッロ
日本語アシスト 2日目 日本語アシスト7時間 & 3日目4時間
お問合せ・仮予約
イタリア旅行とアグリツーリズモ ロハスの旅 イタリア料理レッスンの旅[フレアツアーズ]
フレアツアーズのイタリア旅行 フレアツアーズのイタリア旅行 欲張り2カ国の旅 フレアツアーズのイタリア旅行 アグリツーリズモ フレアツアーズのイタリア旅行 南イタリアエリア フレアツアーズのイタリア旅行 私スタイルの滞在
(株)フレア ツアーズ
〒810-0021
福岡市中央区今泉1-12-8
天神QRビル3階
TEL. 092-737-5720
FAX. 092-737-5727
ソフトバンク携帯の場合
080−3946−2381
予約規定は
会社概要をご覧下さい
メールマガジンの登録と解除
メールマガジンの登録と解除は、下記のフォームにメールアドレスを入力してください。
フレアのメルマガでお得な旅情報や海外の流行のお店など・・・お届けいたしますよ!
旅行のクチコミサイト フォートラベル
このページの先頭へ
RSS 1.0│© 2015 copyright freya international INC. allright reserved.