ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅

ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ベルガモでは2016年聖年の教会訪問や宮殿が素晴らしいマントヴァと15世紀の邸宅のB&Bに泊まる・・・あまり知られていない北イタリア・ロンヴァルディア州の旅
ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅基本情報

イタリアは「世界遺産」が最も多い国。だけど、まだまだ日本の方々には知られていないイタリアの素晴らしい街があちこちにあります。
今回はミラノから楽しむ近郊の街をプランしました。部屋中フレスコ画が描かれた、まるで飛び出す絵本のような世界。とにかく見どころたっぷり!
こんな旅がしたかった!と思っていただけるような旅になるかと・・・思います。ルネサンス建築の傑作と宮殿の素晴らしさ・・・中世の街へタイムスリップ! ベルガモには2015年末から約1年続く聖年のベルガモ教区巡礼指定教会がご覧いただけます。 知られざるロンバルディア州の魅力をたっぷりお楽しみ下さい。

  • 期間: 4泊5日
  • 場所: ミラノ・マントヴァ・ベルガモ

中世とルネサンスの面影漂うベルガモ

ベルガモの歴史は複雑で、ミラノのヴィスコンティ家の支配下だった時代やヴェネチア共和国の支配下だった時代もあり、その末ロンバルディア独自の建築・文化がうまれました。
ベルガモはアルタ(丘の上)にルネサンス様式の代表作サンタ・マリア・マッジョーレ教会とコッレオー二礼拝堂があります。
アルタ(丘の上)へは、徒歩もありですが、バスやこのような列車フニコラーレでの移動手段があります。

ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅

アルタに到着するとショップが並ぶコンヒト通りを歩いていきます。
ファッションやキッチン雑貨・エノテカ・スイーツ・ベーカリーなどのショップが両サイドに立ち並ぶ通り。 ベルガモはポレンタ(とうもろこしの粉)のお菓子が名物。

ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅
古い建物が並ぶ通りをぬけると見えてくるのはヴェッキア広場。ここはベルガモ・アルタの中心。 ドゥオーモ広場に隣接する広場で、広場中心にはライオンが取り囲む、1700年代の噴水があります。
ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅

サンタ・マリア・マッジョーレ教会

12世紀のロマネスク様式の教会。
内部に入るときらびやかな金色の塗装と白い塗喰で飾られ16世紀〜17世紀に改修が行われています。
お昼の時間はクローズされますので要注意。

ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅

ベルガモのアルタでランチタイム!または・・・田舎のランチ?

アルタ内には沢山のトラットリアやレストランがあります。 こちらで召し上がるのもありですが 車で少し離れた農園ランチもおすすめです。但し、クローズの日もあるので要確認。ベルガモから少し離れた田舎には中世の小さな教会が点在します。少し遅めのランチ派は田舎料理はいかがでしょうか。事前にご希望お伺いします。

ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅
<2016年 聖年のベルガモ区巡礼指定教会 MADONNA DELLE ROSE>
ベルガモにあるこの小さな教会が聖年の教会として指定されています。

<聖年の扉>
聖年は1300年から始まり、最初は100年ごとだったのが(教会は聖ペトロ教会のみ)、14世紀半ばつまり1350年には2回目が行われ(教会は3つに増える)、14世紀後半には33年ごととなり教会の数も4つに増え(ローマの4大バジリカ)、15世紀後半には25年ごとと変わっています。現在は教皇が決定できる特別聖年もあり、2025年を待たずに、教皇フランシスコは2015年から2016年を特別聖年としたのです。さらに今回は全世界の教会の中で特に指定された教会の扉を「いつくしみの扉」とし、身近な教会で「聖なる扉」つまり「いつくしみの扉」をくぐることができるのです。イタリアでは他、ローマのサンピエトロ大聖堂も聖年とされており、聖ペトロ大聖堂に続き、ラテランの聖ヨハネ大聖堂、城壁外の聖パウロ大聖堂、聖マリア大聖堂と、ローマの4大バシリカの「聖年の扉」が開けられる。 (2016年12月にて終了)
ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅

<古都 マントヴァ>マントヴァ街歩き〜エルベ広場

B&Bから徒歩で10分程歩くとマントヴァの顔である時計塔があるエルベ広場がみえてきます。
15~16世紀にかけてマントヴァは侯爵領となり、その後ゴンザーガ公国となり400年にわたるゴンザーガ家の 支配がマントヴァの街を華麗に彩っていきました。そしてパサネッロやマンテーニャなど数多くの芸術家がこの マントヴァに大きな足跡を残したのでした。 このエルベ広場の正面にみえる時計塔には上ることができます。右にみえるレンガの建物は「ロトンダ」と呼ば れるロマネスク様式のサン・ロレンツォ聖堂。

ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅
このエルベ広場に面した中世のアーケード(ポルティコ)にある老舗のバール"カラヴァッティ"でカフェ休憩 はいかがでしょうか。1805年創業の老舗のカフェで、名物リジーノ(ライスプティング)味わってみよう! 又は店名になっている食前酒"カラヴァッティ"はいかが・・・・ これはワインとアロマティックビターの食前酒。平日は20時30分 週末は24時までopenなので夕食前の アぺリティーボ(食前酒)にカラバッティで一杯いかがでしょうか。

ヨーロッパで3番目に大きい城ドゥカーレ宮殿 (月曜休館)

16世紀に建てられた宮殿は920もの部屋と15の庭がある壮大な規模の宮殿です。 このドゥカーレ宮殿ゆっくり観ると1日では足りないほどの広さと多彩な芸術を観ることができる美術館。 数多い見どころのなかでもっとも押さえて欲しいのがラファエロの「タペストリーの間」、ルーベンスの「射手の間」、「鏡の間」はベルイサユ宮殿の「鏡の間」をベースにされているそうです。 他にもイザベラコレクションの作品があり、ダヴィンチが描いたイザベッラの肖像画もありますが、これはダヴィンチが描いたものではなく弟子の作品ではないか・・・との説がありダヴィンチの真策ではないようです。

ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅
このドゥカーレ宮殿の一番の観どころ!である宮廷画家マンティ―ニャの「夫婦の間」。この「夫婦の間」にある天井の円窓に遠近法を駆使したフレスコ画の作品は見上げていると、逆に天使たちに覗かれている錯覚に感じます。 壁面はゴンザーガ家、宮廷の様子が描かれています。
ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅

ロマネスク様式とゴシック様式のドウォ―モ

中世に建てられたゴシック様式のドゥオーモ、その後1700年代にファサード、ロマネスク様式の鐘楼。各時代の様式が1つの建物でみることができるマントヴァのドウオーモ。

ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅
歴史的古い建物が多いマントヴァ。この建物は昔なんだったのだろうか・・・
ついつい足がむいてしまいレストランへ入ってのランチ。 2コースメニュー13ユーロと比較的メイン都市に比べると物価が安くお手頃!スターターとメインそれぞれから選べる2コースメニューのランチはマントヴァの街のトラットリアは結構おみかけすることができます。
ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅
エルベ広場から少し歩いて・・・テ宮殿へと足をのばしてみましょう

ゴンガーザ家の別荘 "テ宮殿"

テとは、この宮殿がある地名Tejetoの略。
テ宮殿は、ラファエロの弟子ジュリオ・ロマーノが1525年から約10年の歳月をかけて建築・装飾した宮殿。 外観は普通に見えますが、彼の最高傑作とされる建築作品でテ宮殿の内部のフレスコ画は迫力満点!内部に入ってみると・・各部屋のフレスコ画・天井画・装飾すべてにびっくり。

ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅
宮殿には「馬の間」「愛と狂気の間」など14の部屋があり、一番の見どころは「巨人の間」
ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅
「巨人の間」は部屋全体をフレスコ画で埋め尽くされた巨大な絵には、遠近法やだまし絵などの手法が使われており、まるで飛び出す絵本のような空間です。
ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅

マントヴァの郷土料理に舌鼓

ここでの郷土料理はカエルのフリッターや川魚料理や長時間煮込んだ馬肉料理。
今回いただいたのは、フレッシュサラダと煮込んだ馬肉のパスタ料理。

ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅

 マントヴァでの滞在は・・・15世紀の名家の屋敷B&Bに滞在

ここは美術館?フレスコの天井画や大理石の暖炉、映画で観るような貴族の食卓風景を思い浮かぶ・・・こんな素晴らしいお屋敷・・・ここは今晩お泊りいただくB&B(ベッド&ブレックファースト)。
このお屋敷は1481年に建てられたゴンザーガ家に仕えた旧家のお屋敷。
玄関の扉を開けて中に入ると天井が高く昔ながらの階段を上がり2階のサロンへ。 思わず声がでてしまうほどの感動!天井になんとも素晴らしいフレスコ画が。 ゲストルームまでのあいだに3つのサロンが迎えてくれます。
1つ目のサロンは天井や壁面にも残るこの素晴らしいフレスコ画のサロン、第2にサロンはゴシック様式の間で赤い暖炉とソファがあり、夜は読書をしながら静かに過ごしたくなるような昔ながらのサロン。第3の間は大理石の象眼にあしらった暖炉と昔ながらのダイニングテーブル。このサロンの一角には古いグランドピアノやアンティークの食器棚があり、その時代にタイムスリップした気分になります。

ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅
第3の間のサロンにはマダムの好意で冷蔵庫やコーヒー紅茶のセットがあり、ゲストは自由に使う ことができます。朝食はこちらのダイニングテーブルにビスケットやシリアル系・フルーツが用意 されており自由にいただくことができます。 ゲストルームは4部屋。こちらはツインのお部屋は広くバスタブ付き。Wifiは無料で利用することができます。
ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅
ミラノから旅するブログはこちら
ブログ

ミラノから旅するベルガモ&マントヴァ世界遺産の旅 4泊5日

1日目 ミラノ・マルペンサ空港ご到着 専用車にてホテルへ(ドライバーのみ)
<ミラノ泊>
2日目 ご自身にてミラノ中央駅へ  
列車にてベルガモへ(事前に切符をお渡し致します)  
ベルガモ駅到着後、日本語ガイドと徒歩及び公共機関資料にてベルガモ観光へ  
ベルガモ旧市街は365mの丘にあるため、バス又はフニコラーレ(列車)で行くことができます。  
バスやフニコラーレご乗車の場合は直接お支払下さい。
ベルガモ旧市街観光(3時間)
サンタ・マリア・マッジョーレ教会・フレスコ画で知られているコレッオー二礼拝堂など。
専用車にてベルガモ郊外の田舎のレストラン又は、丘の上のB&Bにてランチ
<各自払い>  
ご希望にて約200の専門店が入る大型ショッピングモールへご案内&解散。
<ミラノ泊>
3日目 ホテルにて朝食
ご自身にてミラノ中央駅へ  
列車にてマントヴァへ(事前に列車チケットお渡しいたします)  
マントヴァ駅到着後、各自にて15世紀の名家のお屋敷B&Bへ
* タクシーは約3分・徒歩約7分  B&Bチェックイン後、各自にてマントヴァ観光へ  
● お薦めは・・・ドカーレ宮殿・ドゥオーモ・テ宮殿
<マントヴァ泊>  
4日目 B&Bにて朝食  
各自にてマントヴァ駅へ  
列車にてミラノへ  
ミラノ中央駅到着後、各自にてホテルへ      
チェックイン後、フリー      
ミラノショッピングやドウォモ・ガレリアなどご自由に観光下さい。
<ミラノ泊>
5日目 専用車にてミラノ・マルペンさ空港へ送迎(ドライバーのみ)
* 列車にてヴェローナ・ベニス・ローマ・ナポリなど・・・・追加でアレンジできます。

5泊6日に含まれるもの

ミラノ:スターホテル又はウナセンチュリー(4つ★ホテル) 3泊
マントヴァ: B&B 1泊 ★ ゲストルームは4部屋のため満室の場合があります
食事: 朝食4回  ランチ1回 夕食0回
専用車: ミラノ・マルペンサ空港/ホテル間往復 in/out時送迎  ベルガモ3時間観光送迎
日本語アシスト: 2日目ベルガモ観光 5時間
列車チケット: ミラノ/ベルガモ 2等 往路分片道 & ミラノ/マントヴァ 2等 往復チケット

★料金適用期間: 2016年11月1日〜2017年03月31日 <4泊5日>2名様以上となります

 2名様1室ご利用 : おひとり様 118,000円

* ミラノのホテルでは滞在税としておひとり様1泊につき4〜5ユーロホテルへお支払となります。
* B&Bのゲストルームは3ルームのみ。また、お部屋の指定は予約時の空き状況次第となりますのでご了承お願い致します。
* マントヴァやミラノで日本語ガイドがご希望の場合は別途アレンジ可能です。
* 航空券代金は含まれておりませんので、お気軽にご相談下さい。

★  お薦め食材 ワンポイント! ★

ミラノから旅するマントヴァ&ベルガモ 北イタリア満喫の旅 ぶどう畑に囲まれたトスカ―ナの田舎でぼんやり過ごす旅マントヴァなどロンバルディア州の食材"モスタルダ" フルーツや野菜のシロップ煮にマスタード
風味を加えたもの。 激辛や中辛表記があるのはマスタードの辛さの違い。
チーズや蒸した肉類にかけていただきます。ゴンザーガ家の時代にも食されていたそうです
お問合せ・仮予約
イタリア旅行とアグリツーリズモ ロハスの旅 イタリア料理レッスンの旅[フレアツアーズ]
フレアツアーズのイタリア旅行 フレアツアーズのイタリア旅行 欲張り2カ国の旅 フレアツアーズのイタリア旅行 アグリツーリズモ フレアツアーズのイタリア旅行 南イタリアエリア フレアツアーズのイタリア旅行 私スタイルの滞在
(株)フレア ツアーズ
〒810-0021
福岡市中央区今泉1-12-8
天神QRビル3階
TEL. 092-737-5720
FAX. 092-737-5727
ソフトバンク携帯の場合
080−3946−2381
予約規定は
会社概要をご覧下さい
メールマガジンの登録と解除
メールマガジンの登録と解除は、下記のフォームにメールアドレスを入力してください。
フレアのメルマガでお得な旅情報や海外の流行のお店など・・・お届けいたしますよ!
旅行のクチコミサイト フォートラベル
このページの先頭へ
RSS 1.0│© 2008 copyright freya international INC. allright reserved.