マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう

世界中の観光客に人気の高級リゾート“アマルフィ”

期間:2泊3日
場所:南イタリア/アマルフィ
世界中の観光客に人気の高級リゾート“アマルフィ”。ここで暮らす料理上手のイタリアンマンマの手料理を味わいながらアマルフィの観光ができる!レモン農園のアグリツーリズモ。アグリツーリズモからの絶景も堪能できる・・・なんとも贅沢な癒しのバカンス。少し足を延ばしてラヴェッロやポジターノ観光もお忘れなく。

マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう

絶景のレモン農園のアグリツーリズモ

アマルフィはアマルフィ海岸沿いに断崖絶壁が続き、その断崖にホテルやショップ、家々など歴史的建築物がずらり。ここレモン農園のアグリツーリズモはアマルフィの中心から徒歩約15分、途中から断崖にある階段、坂の小路を歩き中腹まで行く到着。車両の乗り入れができないため自力で歩くしかないので、アグリツーリズモにたどり着くまでは少々大変ですが、アグリからの絶景は大満足。

マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう

白い建物がお泊りのアグリツーリズモ。周囲は棚田とも言えるレモン畑。

マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう

アグリツーリズモからのアマルフィ海岸の眺めと敷地内にはレモン畑とマンマの自家菜園。景色だけでなくオーガニックにこだわった食材で造る自家製ジャムやリモンチェッロ(レモンリキュール)。そして、ゲストを迎えてくれる愛犬シェパードとネコ。動物好きにはたまりません・・・
マンマはアマルフィ生まれのアマルフィ育ち。以前はアマルフィの町中に住んでいたそうですが、町なかから少し離れた静かな高台にある今の場所へ引っ越してアグリツーリズモを始めたそうです。
マンマは料理本を出版するほど料理が大好き。昼間は観光してお腹をすかせて夜はマンマのディナー。
美味しい手料理とワインと絶景・・・・酔っぱらってもそのままお部屋でぐっすり!

マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう
マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう
マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう

アグリツーリズモ周辺もレモン畑の棚田となっており、まさにレモンに囲まれた宿。厳しい断崖と海風で育った 美味しいレモンが期待できます。5~10月までの天気がいい日は朝食、夕食は外のテラスでいただきます。
この絶景とサンセットを眺めながらの夕食は最高ですね!雨天はロビーフロアのテーブルでいただきます。

マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう
マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう
マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう

景色に癒されるゲストルーム

ゲストルームは建物の2~3階となっており、お部屋はアンティークな家具が備えられ歴史を感じさせてくれます。
2階はすべてのお部屋シャワーオンリーとなります。 お部屋からのサンライズもお見逃しなく・・・

角部屋のテラス付きのお部屋

角部屋のテラス付きのお部屋は、アマルフィの海を眺めながらのワインの時間・・・これぞアマルフィに 住んでいる気分! 
お部屋はダブルベッド+ソファベッドのファミリーにもおすすめ。

マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう

3階は優雅に独り占め

この広々としたお部屋とテラスは貸し切り!プライベート満載の人気のお部屋。テラスからのアマルフィ海岸の絶景、断崖側には歴史的建物や教会の景色など違った顔をもつ景色に囲まれた2ベッドルームのお部屋。お部屋の外の2階へ降りる階段途中に、このお部屋のゲストのみが使用できるバスタブ付きのバスルームがあります。

マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう
マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう
マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう

イタリアンマンマの家庭料理に舌鼓

料理教室も営むマンマの家庭料理。まずはアンティパスト「前菜」ですが、こんなに沢山! カプレーゼ(ドマトとモッツァレラチーズ)は、ここ南イタリアでお馴染みのバッファロー(水牛)のモッツァレラチーズ。南イタリアでは絶対に食べていただきたい逸品です。そしてドライドマトのオリーブ漬け、アンチョビ、オリーブのオイル漬け、ほうれん草のキッシュ。まずは白ワインでいただきま~す。 ついつい美味しい料理に楽しんでいると、いつの間にか月明りに照らされたアマルフィの海がロマンチック! アンティパストは次にでてくるプリモピアットのパスタを茹でる間にアンティパストを楽しむ!というイタリアのスタイル。そして、プリモピアット(第一のお皿)は、炭水化物の料理で、パスタやリゾットなどがでてきます。今晩のプリモピアットは耳たぶパスタと呼ばれるプーリア州のパスタ“オレキエッテ”。とっても美味しく、おかわりしたくなるほどの美味。でも、次があるので我慢。

マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう

さて、いよいよセコンドピアット(メイン料理) 今晩は、イカのトマト煮込、魚料理(アクアパッツァ風)は白身魚とトマト、ズッキーニのオリーブオイル和え。 見た目重い料理に見えますが、どの料理もさっぱり!で、バランスよく保たれた素晴らしい味。ほとんどの野菜は自家菜園のもの。そしてドルチェもお庭の果物から作ったアプリコットタルト。マンマの愛情がたっぷり投入された料理の数々。マンマの料理に病みつきになりそう。明日のディナーも楽しみ!

マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう

イタリアの朝食はとってもシンプル! クロワッサンにマンマ自家製ジャムたちとエスプレッソ。ジャムはすべての種類味見してみたくなる美味しそうなジャム。ご希望でジャムを買うことができるので、お気に入りがあれば遠慮なく尋ねてみてください。

マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう

オススメの観光はラヴェッロ!

アグリ滞在中は、自分時間で観光タイム! アマルフィの中心までは徒歩約15分。アマルフィ海岸の道路は車が多く危険なので、砂浜のほうへ降りた小路を歩いていくとアマルフィの町へつながっています。 観光客が多いアマルフィの町中には、レモンチェッロやレモン飴、レモンのパスタ、レモンケーキなどなどレモングッズが沢山!

アマルフィではいろんなお店でレモンケーキの食べ比べはいかがでしょうか。デリツィア・アル・リモーネ。 ちょっとおっぱいのような形のケーキですがクリームたっぷりながらさっぱりとしたレモン味。スポンジケーキとレモンカスタードをレモンクリームでコーティングしたものです。

観光客で賑わう「世界遺産」アマルフィ

年中観光客で賑わるアマルフィ。
映画「アマルフィ 女神の報酬」のロケ地にもなったアマルフィ。険しい断崖に白壁の家々が立ち並ぶ素晴らしい景色が連なっています。 アマルフィ海岸からメインストリートの両脇にはお店が立ち並ぶ商店街。 アマルフィのメインはドゥオモ・ディ・サンタンドレア。
教会の階段に座って休憩をする観光客も多くみかけます。 アマルフィのシンボルとも言えるドゥオモ・ディ・サンタンドレア。 このドゥオモ広場はいつも観光客で賑わっており、この先より沢山の階段状の脇道が上へと続いています。 11月~3月のシーズンオフになると観光客もかなり少なくなりますが、真夏は大渋滞! でも、やっぱりアマルフィは人気の街。アマルフィの街を散策していると豊富な種類のレモングッズが目に入ります。 レモン飴、リモンチェッロ(レモンのリキュール)、レモンのフレグランスなどなど・・・・ショッピングも楽しめるアマルフィ。
でも、せっかくだからビーチでのんびりもいいですよ! そして!ここでも老舗のカフェでリモンケーキはいかがでしょうか。
ドゥオモ広場近くにある老舗パスティチェリア。 アマルフィにある老舗のパスティチェリアで是非味わっていただきたいのが、デリツィア・アル・リモーネ。 ちょっとおっぱいのような形のケーキですがクリームたっぷりながらさっぱりとしたレモン味。スポンジケーキとレモンカスタードをレモンクリームでコーティングしたもの。

南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日
南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日
南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日
南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日

アマルフィの海岸沿いにあるレストランテ。 シーフードパスタや魚介のフリッターなどグルメも満喫!

南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日

アマルフィから少し足を延ばして、高台にあるラヴェッロへ。

ラヴェッロでランチをいただくことに・・・・ レモンパスタのクリームソース、ボンゴレ、ドライトマトのパスタ。やっぱりここでもモッツァレラチーズ! レモンパスタはクリームソースながらもあっさり!レモンの皮の苦みがほどよく調和された南イタリアらしいパスタ。ドライトマトのパスタはトマトとチーズではなく細かく刻んだパン粉のパスタ。これは絶妙な味! ハシいや・・・フォークが止まりません。

南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日
南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日
南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日
南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日
南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日
南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日
南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日

★アマルフィ、アグリツーリズモのご注意★

アグリは断崖の中腹にあり車両の乗り入れができません。お客様はこの階段を徒歩にて上り下りしての滞在となります。
スーツケースはご自身にて運んでいただくか、1個につき往復14ユーロにてチェックイン/チェックアウト時ポーターに依頼することができます。その場合事前ご予約が必要となります。14ユーロは直接ポーターへお支払い下さい。又は、ナポリのホテルに前後泊お泊りいただきスーツケースをホテルに預け、小さなバックでアグリへお泊りいただくことをおすすめ致します。

南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日
南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日
南イタリアの高級リゾート・アマルフィのアグリツーリズモで癒しの休日

マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう
3泊4日サンプル日程

1日目 ナポリ空港、又はナポリ市内お泊りのホテルより専用車にてアマルフィへ。
レモン農園のアグリツーリズモ近くにあるサンタカタリーナホテルまで送迎
ご自身にてアグリツーリズモへ。途中、マンマがお迎えに参ります。
ポーターを依頼される場合は、ポーターが下車された場所にてお待ちしております。 アグリツーリズモにてマンマの手料理のディナー
<アマルフィ泊>
2日目 アグリツーリズモにて朝食
終日:フリー
アグリツーリズモにてマンマの手料理のディナー
<アマルフィ泊>
3日目 アグリツーリズモにて朝食
終日:フリー
アグリツーリズモにてディナー
<アマルフィ泊>
4日目 アグリツーリズモにて朝食
午前中チェックアウト
お車にてナポリ空港又はナポリ市内のホテルへ送迎(ドライバーのみ)

マンマの料理を食べにアマルフィのレモン農園アグリツーリズモへ行こう3泊4日料金

料金適用期間: 2021年04月01日~2021年10月31日まで 

2名様の場合(2名様は2名様1室) おひとり様 近日中にご案内します

3泊4日に含まれるもの

その他

  • 航空券代金は含まれておりませんが、ご依頼の際はお気軽にご相談下さい
  • ナポリホテルやローマ、他エリアへの追加アレンジできますのでお気軽にご相談下さい。
  • アグリツーリズモは急な坂と石畳の階段なっております。車両の乗り入れができませんので各自にてスーツケースをお運びいただきますようお願い致します。又は有料にてポーター手配は可能です。お荷物1個につき往復14ユーロ。