アンギアーリという街をご存知でしょうか?
観光ブックにも紹介されていないこの城壁の町でのんびり滞在してみませんか?

観光客も少ない城壁に囲まれた街・アンギアーリは高台にあり、中世の面影が今でもしっかり残っています。
城壁の内側から見るトスカーナの景色はミケランジェロ絵画「アンギアーリの戦い」の舞台を想像してしまうような平原が続きます

  • 2泊3日
  • 列車でフィレンツェから約1時間・ローマから約2時間30分、アレッツォ駅で下車。
    アレッツォから北東へ約27km、車で約30分のところにアンギアーリの町があります。
    このアンギアーリの自然に囲まれた美しい村の宿・アグリツーリズモに滞在しながら歴史と伝統を堪能!

アンギアーリの町

アンギアーリの歴史

壁画「アンギアーリの戦い」 広大な平野が広がるアンギアーリは、1440年のフィレンツェとミラノの戦いの舞台。
レオナルド・ダヴィンチが請け負った、1503年フィレンツェヴェッキオ宮の500人の大広間の壁画「アンギアーリの戦い」は
下書きで未完のままに終わりました。
今でもジョルジョヴァザーリが描いた壁画の下に眠っていると言われるもの。
ヴァザーリの絵をとって、ダヴィンチ絵画を掘り起こす話があるとか。
「アンギアーリの戦い」はその後、ルーベンスによって模写されました。

「アンギアーリの戦い」の製作時期は、なんとダヴィンチが有名な「モナリザ」を製作し始めた頃、
ミケランジェロが「ダビデ像」を作っていた頃と重なります!
中世時代を想像しながら、アンギアーリのまちを散策してみましょう。

レダのオリーブオイル搾油所見学 (現在、別の搾油所へご案内しております)

フランチェスコさん今でも1400年代の石臼が現役で活躍しているオリーブオイル搾油所を訪問します。
オリーブオイルの伝統と誇りを受け継ぐ貴族の息子フランチェスコさん


石臼でオリーブを磨りつぶしてオイルを作っている様子ここアンギアーリの村で、昔からの伝統的なやり方でオリーブオイルを造っています。
実家の周辺は見渡す限りのオリーブ畑。
そのオリーブの実を収穫して、昔ながらの石臼でオリーブを磨りつぶしてオイルを作っています。
3000年前から薬用として使われていたオリーブオイルいつの時代も変わらないオイル作りの基本は潰す、搾る、抽出する、潰しは石臼、搾りはこの布にオイルペーストを敷き詰め
重ねたものに圧力をかけて搾り出します


搾り出す機械 搾り出された液体は分離機によって、水などを取り除きオリーブオイル抽出となります。



オリーブオイル搾油所の様子

オリーブ畑 搾油所見学の後は楽しい試食が待っています
ハーブで香りをつけたオリジナルのオリーブオイルをはじめ、この搾油所で作っているヴィンサント、
トリュフやきのこのペースト、など自慢の味を楽しみます
オリーブの実の収穫シーズンが終わると、冬の間はおじさんがオリーブの枝を先手します。
この先手次第で次季オリーブの実の豊作が決まるそうです。作業の中で一番重要な仕事だそうです。


自然に囲まれたアグリツーリズモ

アンギアーリのアグリ アンギアーリにあるこちらのアグリは2007年7月に開業したばかり。
元はタバコ農家でした、お父さん、お母さんの長年の夢だったアグリ経営を会社員の息子(アンドレア)が手伝う形で実現しました
こちらのアグリは家族経営:お父さん、お母さん、おばあちゃん、息子の4人家族です
25ヘクタールの麦、ひまわり、オリーブ畑、そしてタバコの葉の栽培も行っている農家です。
トスカーナはタバコ葉栽培がさかんです。
2階建ての建物で客室は6部屋あります。全室の暖房は地下にある薪ストーブで全館に暖房がいきわたるようなっていて驚き、薪は自営の森林からもってくるのでタダだとか。 このアグリは丘の上にあるため周りの景色が最高!

プール 夏にはプールがOPENします。
アグリ


どんなお部屋?

キッチン その1 ベッドルーム その1 ベッドルーム その2 キッチン その2

キッチンつきアパートメント 2部屋(食器からコーヒーまで揃っています)
他キッチンなし4部屋(ベットは部屋別にタイプがあり、ダブル、ツイン各部屋には専用バスルームあり、サロンは共同) 
バスタオル、フェイスタオル、石鹸、シャンプー、ドライヤー揃っています。

食事は?

朝食には自家製ドルチェ、パンと自家製ジャム、自家製ビスケット、ミルク、コーヒー、ティー、
フルーツジュースなどが用意されます。
要望があればサラミや生ハムやチーズの朝食も可能(別途800円追加)
キッチンつきの部屋では、食事は自分で作ることができます。
アグリは自家製のオリーブオイルを作って販売もされています。

アグリの農園アグリ滞在中にはオーナーが栽培している無農薬野菜を自由に収穫し料理に使うことができます!
ワインも自家製、野菜はすべて畑で作っています
バターをあまり使わないトスカーナの伝統ケーキ
バターをあまり使わないトスカーナの伝統ケーキ


滞在中には…

その1:歩く
アグリから歩いてアンギアーリチェントロまで10分以内。
城壁の中はおとぎの国のように小さくてかわいいまち
城壁の外から眺めるアンギアーリの町並みはとってもロマンチックです

その2:公共の交通機関で出かける
★バスを使って、ミケランジェロの生家があるカプレーゼミケランジェロ村へ
(片道バス乗車時間約25分)バス時刻表>>>
現在、生家はミケランジェロ博物館になっています。

★バスを使って、サンセポルクロへ(片道バス乗車時間約12分)
中世画家ピエロデッラフランチェスカ生誕の地、市立美術館には有名な数点の作品があります

サンセポルクロの街t並み

◆ スケジュール

1日目 アレッツオ駅到着。
日本人アシストとアグリの車にてアグリへ送迎。
アグリにてディナー(トスカーナの家庭料理を楽しんで下さい)
2日目

アグリの車にてレダのオリーブ搾油所訪問。
レダの料理レッスン! (オリーブオイルテイスティングができます)

小麦粉を使ったレッスンなど事前にリクエスト承ります。
アグリにてディナー

3日目

朝食後、チェックアウト。
アグリのお車にてアレッツォ駅へ送迎。(日本語アシストなし)

◆ 2泊3日に含まれるもの

1.宿泊費:2泊 (キッチン付タイプ)
2.食事:朝食1回(料理レッスン1回)・夕食2回
3.日本語アシスト:
 1日目:アレッツォ駅からアグリまで。
 2日目:半日―午前中アグリよりアンギアーリの町散策とオリーブオイル搾油所の見学

◆ 料金《2泊3日/2013年2月01日〜2013年09月30日まで》

2名様の場合:¥49,000(おひとり様)
1名様の場合:¥62,000

◆ ヴィラでの滞在をもっと楽しめるプラン!

『料理教室』
アグリにて夕食に向けての料理レッスンご希望の場合は差額追加代金:
お1人様 ¥3,000追加となります。
『延泊プラン』 
1泊につき(朝食付) 2名様の場合: おひとり様 9,000円
              1名様の場合: 12,000円

『アンギアーリ発モンタルチーノドライブ』
¥45,000(車1台の料金) (例: 2名様の場合 おひとり様22,500円)
モンタルチーノ(ワイナリー)コース5時間ツアー
※日本語アシストは同行致します。

このページの先頭へ
お問合せ・仮予約
イタリア旅行とアグリツーリズモ ロハスの旅 イタリア料理レッスンの旅[フレアツアーズ]
フレアツアーズのイタリア旅行 フレアツアーズのイタリア旅行 欲張り2カ国の旅 フレアツアーズのイタリア旅行 アグリツーリズモ フレアツアーズのイタリア旅行 南イタリアエリア フレアツアーズのイタリア旅行 私スタイルの滞在
(株)フレア ツアーズ
〒810-0021
福岡市中央区今泉1-12-8
天神QRビル3階
TEL. 092-737-5720
FAX. 092-737-5727
ソフトバンク携帯の場合
080−3946−2381
予約規定は
会社概要をご覧下さい
メールマガジンの登録と解除
メールマガジンの登録と解除は、下記のフォームにメールアドレスを入力してください。
フレアのメルマガでお得な旅情報や海外の流行のお店など・・・お届けいたしますよ!
旅行のクチコミサイト フォートラベル
このページの先頭へ
RSS 1.0│© 2008 copyright freya international INC. allright reserved.